京都あちこち

平岡八幡宮

P1000933

椿の花を見に、平岡八幡宮へ行ってきました。
着いたときにちょうど宮司さんの説明が始まったとこだったので(¥500・お茶の接待付き)そのまま参加。
江戸時代末期に描かれた神殿の天井絵を見ながら、楽しく分かりやすくお話を聞かせてもらいました。
撮影禁止だったので撮らなかったけど…細木和子さんからのお神酒を発見。
ここ、ご自宅から近いしね。









P1000932

肝心の椿はまだ早かったようで、ちらほら咲いてた程度。
見ごろはちょうど桜と同じ頃らしいです。
「願い事をすると、白玉椿が一夜で花開き、願いが成就した」という記載が故事にあり、「白玉椿伝説」と呼ばれているそうですが…、
この純白の椿の美しさ!!
凛としたたたずまいに思わず背筋が伸びるほど。
こんな椿を眺めていると、そんな伝説も本当にあったことと信じてしまわざるを得ない感じ。








P1000938

珍しい椿。
フリルのような花びらが幾重にも重なって、とても美しいです。
こんな椿、初めて見ました。








まだ全然早かったみたいで、ほんの少ししか椿の花は見られず…。
なのでまた満開の頃に見に行ってこようと思っています。






平岡八幡宮
〒616-8271
京都市右京区梅ヶ畑宮の口町23番地
Phone 075-871-2084

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京都芸術センター

P1000279

先日、フラリと京都芸術センターに行ってきました。
特に用事はなかったのだけど、美容院の予約までちょっと時間があったので。
その日の私は、ちょっと静かな場所に行ってぼーーーーっと癒されたい気持ちだったようです。









P1000280

元・明倫小学校の校舎を利用してるので、庭にはこんな方もいらっしゃいます。
私の母校にもありました、二宮金次郎(尊徳)の銅像。
いまどきの小学校にもあるんだろうか。








P1000281

水飲み場。
タイル貼りで懐かしい感じ。
そして使い込まれた木の床をギシギシと歩くのは本当に気持ちいい。










P1000282

何時間でもぼーーーーっとしてられそうなこの教室。
陽光が差し込んでやわらかい雰囲気。
黒板も照明も、ちっちゃな机も椅子も、見てると何だかキュッと切なくなります。










P1000287

そして最後はコレ。
1階にあるカフェ、マエダコーヒー明倫店でほっこり。
人気のカプチーノパフェを食べてみました。
コーヒーと和のテイストがうまくマッチしてて、おいしかったです。
ただ私的にはニッキパウダーがちょっと微妙…(ニッキあまり得意ではないので)。
そして出入り口付近のちょっと寒い席に座ったので、パフェを食べたらすっかり体が冷えてしまって全部食べられず。
私としたことが…。
スイーツを食べ残すなんて一生の不覚です。
今度はあったかい季節に、もしくはあったかい席で食べよう。






京都芸術センター
〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2
Phone 075-213-1000



前田珈琲
明倫店・京都芸術センター1階
Phone 075-221-2224





| | コメント (4) | トラックバック (0)

天神さんの大福梅

P1000514

先月19日、天神さんに大福梅を頂きに行ってきました。
ちょっと前の話でごめんなさい(´∀`;
↑写真は「三光門」。重文です。








P1000517

牛さんこんにちは~。
この日の天神さん、大福梅授与で混んでるかと思ったけど意外と空いてました。
25日の終い天神は激混みだっただろうな~。










P1000527

コレ、さざれ石。
♪さ~ざ~れ~い~し~のぉ~
の、さざれ石。






P1000571

大福梅。
毎年ではないけど、何度か頂いてます。










P1000573

中身はこんな感じ。
この梅が6個入ってます。
元旦の朝に、これをお茶に入れて飲むのです。
これで無病息災だ~。
けっこう酸っぱいけど、おいしいです。




北野天満宮

〒602-8386
京都市上京区馬喰町
Phone 075-461-0005





| | コメント (4) | トラックバック (0)

鳴滝の大根焚き

P1000429

ごぶさたしてました~。
元気にBlog復活です。
…元気…でもないか。
実は昨日から風邪ひいちゃって。
でも、熱もないし、そんなにひどくないので頑張って早めに治します。
みなさんも気をつけて!






さて、大根焚き。
今年も行ってきましたよ(ちなみに去年も行きました)
大根焚き…特別大根が好きなわけでもないのですが、この季節になるとついつい行っちゃう大根焚き。







P1000431

今年の大根、なんだかみょ~においしかった…。
いや、去年もおいしかったんですけどね。
なんかやけに身にしみるおいしさでした。
…おなかがすいてたからか?










P1000437_2

コトコトコトコト焚かれています、大根さん。
こーんなおっきい鍋でたくさん作るからおいしいのかなあ。










P1000433

さっきの写真が大根さんなら、これは…?
一体なにが入ってるんだろう…?







P1000435_2

こちらメニュー表(?)
大根焚き¥800。
炊き込みごはん付きだと¥1500。








太郎は遊びに夢中で全然食べなかったので、私ひとりではふはふおいしくいただきました。
太郎…どうでもいいけど、熱心にお経を唱えているおじさんの前にまわりこんで顔をしげしげと眺めるのはやめてくれ。
失礼すぎ!








真宗大谷派 法輪山 了徳寺

〒616-8242
京都市右京区鳴滝本町83
Phone 075-463-0714

| | コメント (8) | トラックバック (0)

地蔵盆

地蔵盆。
…って、ご存知ですか?
京都が発祥らしいですが、おそらく近畿地方だけの習慣なのかな?
私は京都に来るまで知らなかったので、夫から聞いたときは「ぶ、文化の違い!」とか思ってすごく驚いたものです。
地蔵盆は子どもたちが主役の行事。
各町内ごとに行われます。
お地蔵さまにお供え物をしたりして、その前でみんなゲームをしたり、くじ引きをしたり、お菓子を食べたりして楽しみます。






私の住んでるとこでも8月26日に行われました、地蔵盆。
太郎はもちろん、私も初めての参加。
集まった子どもたちはみんな太郎よりもおっきい子たちばかりだけど、ちゃんと太郎のことも仲間に入れて遊んでくれます。
「ちっちゃい子には優しくする」を自然に実践できている優しいお兄ちゃんお姉ちゃんたちなので、すごく頼もしいし、安心です。
太郎のやることを何でも大目に見てくれたり、自分のジュースやお菓子をわけてくれたり、何かと太郎を優先させてくれたり、みんなホントに優しい(ノД`)・゜・。
見てると心がほっこりします(*´▽`*)
太郎もこんな優しい子に育ってほしいなあ…。



Dsc_7734

ボールすくいをする太郎と私。
太郎はちっちゃい子用の、破れにくいポイをもらいました。
これ、ほんとに破れなかった…、す、すごい…画期的だ…。







この後、くじ引きのくじもいっちょまえに自分でひきました。
当たったのはブロックみたいなおもちゃ。
そして6歳の女の子から、「私これが当たってんけど、2歳の子のおもちゃって書いてあるし太郎くんにあげる」と、なんともうひとつおもちゃゲット!
うう…なんて優しい…(゜-Å) ホロリ
そしてなんてラッキーボーイな太郎…。
自分が当てたおもちゃよりも、このおねえちゃんから譲ってもらったおもちゃの方がお気に入りのもよう。
毎日遊んでます(*´▽`*)
お兄ちゃんお姉ちゃんたちとたくさん遊んでもらって、スイカもみんなの真似してかぶりついて食べて、なんだかちょっとお兄ちゃんになったような気分の太郎。
初めての地蔵盆、とても楽しかったみたいです(*´▽`*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

祇園祭

0407592_2
Source:http://www.tanoshimimura.com/

京都の夏の風物詩、祇園祭。
台風の影響で宵々々山は昨年の3分の1の人出だったそうだけど、宵山の今夜はどうか?
さっきまで降ってた雨も上がったので、きっとたくさんの人で賑わうことと思います。






0407770_1
Source:http://www.tanoshimimura.com/

明日は山鉾巡行。
実は私、宵山には行ったことあるけど、山鉾巡行は未経験なんですねえ。
恐ろしい数の人やし、暑いし、とか何かと理由をつけて行かずにいたけど、やっぱいつかちゃんと見てみたいなあ。
辻回し、ぜひ間近で見てみたい~。
今年も行けなさそうだけど、いつかきっと。

京都新聞電子版 祇園祭2007

| | コメント (6) | トラックバック (1)

近所の桜・4

Dsc_5933

枝垂桜も咲き始めました。
満開になったらキレイでしょうねー。

枝垂桜といえば円山公園。
圧倒的な美しさで人々を釘付けにしている2代目の桜ですが、桜守の佐野藤右衛門さんによればだいぶ弱ってきているとのこと。
心配ですね…。
なんとかまた元気になって、これからもずっと楽しませてもらいたいです。
そうそう、佐野藤右衛門さん。
京都では知らない人はいないほど有名な方ですが、佐野さんのご自宅の桜も本当に見事です。
私、毎年見に行ってますが、分かってても毎回息を飲んでしまうほどです。
本当に美しく、素晴らしい桜です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

近所の桜・3

Dsc_5926

近所のちっちゃな神社の桜。
まさに満開!
たくさんの花がそれぞれに咲き誇ってます。




Dsc_5923

花と同時に葉も青々と出てて、ソメイヨシノとはまた違った美しさです。
桜って、花だけが咲いて全体がピンクになってるのも素敵だけど、こんなふうに緑と共に咲いてるのもいいものですね。





Dsc_5928

この桜のもうひとつの特徴。
淡いかわいらしいピンクと、ほとんど白と言ってもいいほどのうす~いピンクの2色の花が1本の木に咲いてること。
一番上の写真のように混ざり合って咲いてましたが、↑こんな風にはっきり分かれてるとこも。




ほんわり可憐だけど、どこか元気な印象を受けるこの桜。
ひとめですっかり気に入ってしまいました。
いつもは通らない道なので、こんな素敵な桜があること、今まで気がつかなかった。
いくつかお気に入りの桜があるんだけど、この木ももちろんリストに仲間入り。
来年もまた楽しみです(*´▽`*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

近所の桜・2

Dsc_5912

隣のお宅の桜。
毎年見事に咲いて楽しませてくれます。
今年もきれいに咲きました。
いま、八部咲きくらいかな。








Dsc_5916

お隣さんのお庭にはおそらく10本以上の桜の木があると思われます。
それらが一斉に咲いた姿は圧巻です。
ふつう、桜の木って、庭にあったとしても1本か2本ですよね…。
そう…お隣は豪邸なんですの…。








Dsc_5913

その豪華な桜たち、うちから眺めることができます。
↑の写真も何を隠そうバルコニーから撮りました…隠れて(笑)
まるで怪しい人です。
今も窓から桜を眺めながらこれ書いてます。
なんと贅沢な…。
花びらがバルコニーにたくさん舞い落ちてきますが、いいんです、そんなこと。
夏になるとこの桜についたセミがこれまたバルコニーに落ちてきますが、いいんです、それも。
…って、花びらはともかくホントはセミはいやなんですけど、桜の時期は「それもまあいっか!」と思えてしまいます。
あまりにもきれいなので。





本当にきれいです。
今年も見せてくれてどうもありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

近所の桜・1

Dsc_5842 撮影・夫

薄いピンクの花に混じった、濃いピンクさん。
マーブルになったのもあります。
これって、なに?
こういう品種?
それとも突然変異的なもの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧